B L O G

リライブル遺品整理 「押し入れ・物置に眠っているキャンプ用品」買取ります。

キャンプ風景

みなさんこんにちは!
リライブル遺品整理の岸野です。

 

昨日は記録的な寒気で寒くはなりましたが、日に日に気温は上がっていき北海道にも春が訪れましたね!
すでに札幌市内でも桜の開花が見られゴールデンウィーク中は各所でお花見の楽しむ方が多いのではないでしょうか?

 

北海道の桜といえば静内にある二十間道路桜並木が非常に有名で、「日本一の桜並木」とも言われ道外からもたくさんの
観光客の方がお見えになります。5月上旬から中旬が見ごろで、その時期には桜祭りも開かれ小さな町に人がこぞってやってくるほどです。
静内への道路はほぼ1本道となり祭り時期は道路が極端に混みあう為、見に行かれる方は計画的に…

 

さてそんなゴールデンウィークの今日このごろですが、北海道民はゴールデンウィークからキャンプスタートという方が非常に多いです。まだまだ寒いと思われますが、北海道民はそんなの気にしません(笑)
ご遺品整理・生前整理では物置や車庫、押し入れ等に眠っているキャンプ用品が出てくる事も多いので、今回はキャンプ用品の買取に関してお話致します!

 


~もくじ~

 

ー どのようなキャンプ用品が買取対象となるか

ー 主要なキャンプ用品のメーカー

ー キャンプ用品を高く売る為には


 

~どのようなキャンプ用品が買取対象となるか~

 

キャンプ用品にも色々な品物がありますが、基本的にはどのような品物でも買取対象商品と言えます。

 

 

テント、タープ、ガスコンロ、キャンプイス、テーブル、ランタンなどなど

 

近年キャンプ用品も非常に充実してきており、今人気のソロキャンプ向けの小型商品からファミリー向けの大型商品まで見始めるとあっという間に時間がすぎるほどのラインナップです。

 

簡単に火が起こせる簡易送風機や焚火用のコンロ、防寒性能の高い寝袋とひと昔前と比べるとその充実っぷりは驚くほどですね。

 

注意して頂きたいのが、使用済み(残っている場合も含め)のガスボンベや使用してコゲつき等が出てしまっているコンロ等は買取対象から外れます。使用していても綺麗な状態のコンロ等であれば買取可能になります。

 


 

~主要なキャンプ用品のメーカー~

 

次にキャンプ用品のメーカーについてのお話ですが、キャンプ用品はホームセンター、アウドドア用品店などで簡単に購入できますが、そういった売り場でよく見かけるメーカーは非常に限られています。

 

COLEMAN(コールマン)、Snowpeak(スノーピーク)、SOUTH FIELD(サウスフィールド)

 

この辺りが良く見かけるメーカーではないでしょうか?
その他ロゴスやモンベルなどもありますが、キャンプ場に行き他の方々のテントをよく見ると主にこの3メーカーの品物ばかりです(笑)

 

特にコールマンの商品は非常に多いように思いますね。
私自身もキャンプは毎年やりますが、コールマン製品ばかりです(笑)

 

テントに関してはこだわりのメーカーも非常に多く、そこらでは販売されていないレアな品物もたくさん存在します。
ただし値段が非常に高値な物が多く、限られた人しか所有していないように思います…
どんな趣味にもマニアックな部分は存在しますから、極めている方達はそういったこだわり製品を使用しているのではないでしょうか!

 

ですが、安価な品物でも最近の物は質が良く、コールマン等も特に高い価格帯ではありませんので、ファミリー等で使用するには主要3メーカーの品物で十分ではないかと思います。

 

キャンプ場に行った時に他の方とかぶりたくなければ主要メーカーは外した方がよいかもしれません(笑)
キャンプをしている方は道具のこだわりなどがありますから、珍しいメーカーの珍しい品物をもって行けば、周囲の目を引く事になると思いますよ!

 


 

~キャンプ用品を高く売る為には~

 

買取の際に未使用品は全く問題はありませんが、使用済みの中古品は「状態」が非常に鍵となってきます。

 

 

特に使用して状態の劣化が激しいのがこのコンロでしょう。
使用中高温になる為、コゲなどが発生しやすい、最後に水をかけて鎮火すると鉄部分に錆が発生したりします。

 

その他の商品もそうですが、キャンプ用品の状態をキープするには「手入れ・清掃」が重要になります。
テントも露などで濡れた状態で袋保管してしまうとカビが発生しますし、鉄でできた製品はしっかり拭き取りをしなければ錆がすぐに発生します。

 

そういった点を考慮するとキャンプ用品を買い取ってもらうというのは敷居が高いように思いますが、キャンプ用品自体はヘビーユーザーさんは別として、一般の方の場合年に1、2回程度の使用という方が多いんです。
中には数年に1回程度しか使用しない、という方もいるでしょう。

つまり、お手入れだけしっかりしていれば使用頻度は少ないので、状態の維持は意外と出来る品物なんです。
また、使用頻度が少ない為1回使用後に売られる方もいるぐらいですから、お手入れをして損はしないと思います。
いくら安いメーカーでも全て一式揃えると10万金は飛んでいきますからね…

これからキャンプシーズンに入りますので、楽しんだ後のキャンプ用品のお手入れもしっかりやりましょう!
毎回手抜きの私も頑張ります(笑)

 


 

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積りは無料です。
遺品整理、生前整理など清掃や消臭を伴う家財整理全般に関わることでお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡ください。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事一覧

  1. ヤマハ エレキギター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

PAGE TOP