B L O G

北海道内、全道対応の家財整理業者は少ない?

北海道 遺品整理専門店 リライブル株式会社の久保田です。

北海道内、全道対応の家財整理業者は少ない?

全道対応の遺品整理業者として、最近は北海道各地で家財整理・特殊清掃等をさせて頂いております。

丁度昨日のことになりますが、業務(ご遺品の整理・消臭作業)で白老町に行かせていただいたばかりで、来週には函館市にて一軒家のご遺品の整理を控えております。

函館市での家財整理については、ここ3か月ほどで3回目になるのですが、北海道の中でもかなり端っこにある地域なので北海道民の中では遠い場所代表のような所です。

そのような地域の方からもこうして頻繁にご依頼を頂けるというのは本当に有難い事です。

北海道は全国的に見ても土地が圧倒的に広いということもあり、移動距離や交通費等の兼ね合いで全道対応を謳っている遺品整理業者さんは数少ないです。

皆さんもご存知の通り、北海道は車で片道5時間以上・・・往復で10時間かかってしまう地域もあるくらいなので全道対応業者さんが少ないことにも納得がいきます。

家財整理専門業者さんがいない地域は・・・

弊社のブログでもしつこいほど説明させていただいてますが、私達のようなお片付けの業者が”一般家庭から出るご不用品の廃棄”を行う際には、市区町村ごとに決められている一般廃棄物収集運搬許可業者さんとの連携が必要不可欠です

そして、専門の遺品整理業者さんやお片付け業者さんがいない地域に関しては、地域の一般廃棄物収集運搬許可業者さんが不用品廃棄として行っている場合が多いです。

家財整理業者との違いを挙げるとすると、買取査定の有無や貴重品の捜索・返還の有無が主なところだと思います。

廃棄業者さんは基本的に全て廃棄として請け負うこともあり、家財整理業者に比べるとかなり効率重視で分別&廃棄していくので作業時間がとても短く比較的安価・・・という反面、買取を行える会社は少なく、現金や貴重品があっても気づかず廃棄してしまう場合が多いです。

ゴミの廃棄場で数千万円が発見される・・・・というニュースを見たことがあると思いますが、こうした背景があります。

対して家財整理業者の特徴としては、ご依頼者様の希望に合わせて衣類のポケットや天井裏等・・・基本的に貴重品の捜索等を細かく行う業者が多く、買取を行える品物は買取を行って現金をお戻しするという業者さんが多いので、場合によっては廃棄業者さんよりも安価に家財整理を行えることもあります。

と言いつつ、家財整理業者の中にも買取品・貴重品・現金をポッケしてしまう悪徳業者もいるそうなので、業者選定の際には、家財整理業者か廃棄業者か・・・という部分よりも、最終的には信頼できる業者か否か・・・という部分を1番に考えてお選びすることをお勧めします。

「ゴミを捨てるだけなのにどうしてお金がかかるの?」

この業界で仕事をさせて頂いていると、このような質問を頂くこともあります。

最近では”ゴミ袋有料化”になっている地域も増えておりますが、基本的に一般の方が地域の収集場所(ゴミステーション等)に分別したゴミ袋を捨てるのにお金はかからない(ゴミ袋代やシール代以外)ということを踏まえると疑問に感じてしまう方がいてもおかしくないと思います。

私達のような家財整理業者さんも「指定ゴミ袋に入れてゴミステーションに捨てれば安く済むのでは?」と思った方もいるかもしれません。

ですが、ゴミステーションに住人以外の方が捨てるのは禁止されており、可燃物や不燃物、特定指定廃棄品等を収集日はバラバラです。
ましてや1度に大量の廃棄品が出ることも多いのでとても現実的ではありません。

それらを踏まえると残されている方法は、先ほどもお話した市区町村ごとに決められている一般廃棄物収集運搬許可業者さんとの連携が必要になってきます。

札幌市であれば札幌市環境事業公社様にて、廃棄物1㎥あたり約6000円の廃棄代がかかり、市町村によっては平トラック1台数万円 + 10キロあたり〇〇円の廃棄代・・・という地域もあるので、それを考えると廃棄代は結構大きいことが分かります。
※弊社でも、ご依頼金額全体の3分の1~2分の1が廃棄代・・・ということが多いです。

また、廃棄する際は廃棄品を家から出して外に出してある状態にするのが基本であり、当たり前ですが正しく分別されていなければ収集してくれません。

「ゴミを捨てるだけなのにどうしてお金がかかるの?」と思っていた方も上記を確認していただけると少しだけでもご理解頂けるかと思います。

家財整理業界の流れ・・・


廃棄にかかる費用を減らす・・・・という観点から、ほんの少し前までは海外輸出として日本ではあまり需要の少ない婚礼ダンスや古い大型の家具等、買取は出来ないけど捨てるのにも費用がかかる・・・という品物を始め、生活雑貨や資源品も含めてほとんどを外国に輸出するという流れが主流だったのですが、そうして送られた物から出る廃棄物等が原因で深刻な環境問題になり、受け入れを止めた国も増えているので海外輸出できる品目も以前に比べてどんどん少なくなっているようです。

以前、そうした海外輸出品等の受け入れを行っている会社さんがある国がTVで取り上げられていたのですが、付近の川は真っ黒に汚れ、中には広い森林一帯に廃棄品が散在している場所もありました。
良かれと思ってやっていることが結果として私達の住む地球に悪影響を・・・こういう問題を考え出すとキリが無くなってしまいますが複雑な気持ちになります。

ペットボトルを分解する酵素

そんな中、ネットニュースで↑こんな記事を発見しました。

プラスチック製品は現在の私達の生活には欠かせない物の一つですが、デメリットとして自然に分解されにくいということが環境問題にもなっておりました。

死んだ動物の胃の中から大量のプラスチックゴミが・・・というのも結構耳にします。

以前、日本のゴミの中から発見されたプラスチックゴミを分解する酵素を調べていたところ、突然変異により偶然作り出されたらしいです。

プラスチック製品は人類にとってなくてはならない物の一つなので、長い間、悩まれていた人類全体の大きな問題の1つが解決されそうなニュースに心が躍りました。

最後の最後に業務とはあまり関係のない話になってしまいましたが、興味のある方はぜひご覧になってみてください → ペットボトルを分解できる酵素が偶然に生み出されたことが判明!

明日は札幌市南区にて”生前整理のお見積り”と、札幌市西区の福祉施設にて買取品の査定を控えております。
買取品の査定を含め、まだまだ学ばなければいけないことは沢山あるので向上心をもって臨みたいと思います。

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積りは無料です。
遺品整理、生前整理など家財整理全般でお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡下さい。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事一覧

  1. ライター ジッポ  ZIPPO

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

PAGE TOP