B L O G

札幌市中央区のマンションにて”生前整理”

リライブル株式会社の久保田です。
先日は仕事のお昼休憩を利用して、以前から気になっていたラーメン屋さんに行ってきました!

事前情報をお聞きした感じだと「こってりラーメン好きの私には合わないかも?」と思っていたのですが、あっさりで具沢山のラーメンがとても印象的でチャーハン等のサイドメニューも種類が充実していてとても美味しかったです。

札幌市中央区のマンションにて生前整理

いきなりですが↑の写真は整理最終日の廃棄品積み込み風景です。

事前に予約していた札幌市環境事業公社さんに来ていただき、一般廃棄物として廃棄を行います。

今回は一人暮らしのお母様の生前整理ということで、ご依頼者様である娘さんも立ち合いの元、「必要な物・廃棄する物」をお聞きしながら3日間に渡って整理を行わせていただきました。

※プライバシーの関係もあり、仕分け・分別中の写真は撮影しておりません。

弊社のブログ → 生前整理は喧嘩をしないようにお互いに気を付けよう! でも書いているので観て頂けると幸いです。

娘さんは本州から帰省中とのことで北海道にいられる時間が限られている中での生前整理となりました。

3LDKの物屋敷ということで大型家具の廃棄は少なかったのですが、全体の物量が多いということもあって作業初日は玄関部分&廊下部分の仕分けで半日ほどかかってしまいました。

整理開始時は、仕分けした作業スペースの確保が難しかったので難航しましたが、1部屋の仕分けを終えたところからはそのお部屋に廃棄品・残し品を移動することで作業スペースを確保できたので比較的スムーズに仕分けていくことが出来ました。

お母様は中々物を捨てられない性格ということで、仕分け中に娘さんと少し口論になってしまう場面もありましたがパッカー車の来る最終日が近づくにつれて少しずつ廃棄する物のストライクゾーンが広がっていくのを感じました。

↓ 自社段ボール梱包の廃棄品の搬出時

段ボール梱包した廃棄品はほとんど出し終えた状態です。

この後も袋梱包した物や家具等も搬出し、写真の枠が丁度埋まるくらいになりました。

時間・体力がある方は自分達で行うことが1番安価に済ませられる方法ではありますが、これだけの量を梱包&高層階から下ろして搬出スペースまで台車で運搬することを考えると、とてもじゃないですが専門業者でないと難しいものがあると感じます。

初日の作業終了時点では「最終日までに間に合うかな?」と少し不安な部分もありましたが、どうにか最終日に間に合わせることができて良かったです。

札幌市内での<ご遺品の整理・不用品の廃棄>増えております!

ここ最近、ブログ更新が大幅に遅くなってしまっていますが、札幌市内での孤独死現場や自殺現場となってしまったお部屋を含むご遺品整理を中心に不用品の廃棄(廃棄量多め)や消臭等、有難いことに絶え間なくご依頼・ご相談を頂いております。

丁度本日も札幌市西区にて、猫を飼われているお部屋の”不用品の廃棄”を行わせて頂いたのですが、こちらに関しても溜め込んでしまった不用品&猫の糞尿が合わさり、一般的に言われる「ゴミ部屋&猫部屋」状態になっておりました。

こちらの写真に関しては、機会があれば後日掲載していきたいと思います。

「人の死」が関わる業務が増える・・・ゴミ部屋・ペット部屋に関わる家財整理が増える・・・

本来、無いに越したことがない事柄ではありますが、「リライブルさんにお願いしたい!」とおっしゃって下さる依頼者様が多いのも事実です。
仕事が増えることを素直に喜べない特殊な職種ではありますが、よりよいサービスを提供できるよう、ポジティブに向き合っていこうと思います。

最後に・・・

業務が増えてくると特に思うのですが、冗談とか強がりではなく「忙しい」 = 「嬉しい」ことだと感じております。

特に私としては、巷で噂の「電話が鳴らなくなる」という定評も少しづつ薄れてきているので本当に嬉しいんです笑

個人的には「忙しくて大変!」というよりも「仕事が無くて大変!ツライ!」という方がよっぽど苦手に感じます。

勿論、仕事が来ない状況だからこそ積むことができる経験もあると思うので一概には言えないですが、業務が多ければそれだけ現場経験を積むことができ、身体も動かせるので心身のバランスが取れて体の調子が良くなる気がしてます。

明日は札幌市中央区にて自殺現場の廃棄品搬出&清掃を控えているのでしっかり睡眠をとって明日に備えたいと思います!

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積りは無料です。
遺品整理、生前整理など家財整理全般でお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡下さい。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

関連記事一覧

  1. 湯の川地方 砂浜から見る函館山
  2. レトロ ラジオ
  3. クリステル 鍋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

PAGE TOP