B L O G

生前整理にて「FFストーブ」の買取・リユース

みなさんこんにちは!
リライブル遺品整理の岸野です。

 

天気が良かったり悪かったりと散々な北海道ですが、最近特に「雪」が多いように思います…
北海道民あるあるなんですが、毎年のようにドカン!と雪が降る時期があり、「今年絶対雪多い年だろ~」と思うんですが、調べると「平年並み」だそうで…

均して平年並みなんでしょうが、極端に集中して降られると道路は麻痺し移動にすさまじい時間がかかり、仕事にも生活にも支障が出るので均等に降ってくれると助かります…

 

そんな本日ですが、先日「旭川市」にて生前整理の作業をさせて頂きました。
その際に「FFストーブ」の買取をさせて頂きましたので、今日はストーブの買取・リユースに関してのお話です。

 


~もくじ~

 

・ストーブにはどのような種類があるのか

・買取・リユース出来るストーブとは

 


~ストーブにはどのような種類があるのか~

 

今回買取させて頂いたのはこちらの「FFストーブ」です。
ストーブといっても様々な種類が存在しますので、簡単にまとめてみます。

・灯油を利用するストーブ 

FFストーブ、煙突式ストーブ、灯油ファンヒーター、対流式ストーブ、反射ストーブ

 

・電気を利用するストーブ

カーボンヒーター、ハロゲンヒーター

 

主に使われるストーブはざっとこんな感じでしょう。
実際どれが良いの?と思われがちですが、種類によって暖まり方が違ってきます。私の住む北海道であれば、「FFストーブ」がベストと言っても過言ではないかもしれません。

FFストーブにも温風タイプや輻射熱タイプがあります。
温風タイプは言葉通り、暖めた熱を風として部屋に送り室内を暖めるストーブです。
輻射熱タイプは反射板がついており、ストーブの目の前が集中して暖かくなる物になります。と同時に対流を起こし部屋全体を暖める効果もあるのです。

今回買取したFFストーブは反射板付きの強制対流型と呼ばれる物で、目の前が暖かいのはもちろん、ファンで対流を起こしお部屋全体も暖めてくれるストーブなんです。

それは煙突式ストーブも同じでは?と思われるかもしれませんが、FFストーブのメリットは吸気・排気を強制的に行っており、風が強い日にも安定して燃焼するというメリットがあります。煙突ストーブの場合、吸気は室内で行い排気は自然排気になる為、風が強い日は煙突から排気が逆流するなんて事も出てきます。

また、FFストーブは室内の水分を排気と同時に外に出す効果あり、結露やカビ防止になるといわれております。
近年の北海道のアパートやマンションにはFFストーブばかりが設置されていますが、このようなメリットがあるからなんです。
ですが、室内の温度上昇だけで考えると煙突式ストーブは排気の煙突自体も熱を持つため、FFストーブより室内が暖まりやすいとは言われています。

 

丸い筒状の対流式ストーブ(昔でいうダルマストーブ)は良く体育館やホールのような場所で使われていますよね?
ストーブの周りの熱を暖めて上昇気流を起こし室内を暖める効果があるので、広い場所で良く使われているのです。
また、壁際ではなく室内中央に設置出来たりしますので、これもまたメリットでしょう。

 

結論、自分にあった物、使う場所を考えて使用する、という一言に尽きるかもしれませんが…


~買取・リユースが出来るストーブとは~

 

ストーブが様々な種類があるのはお分かり頂けたかと思いますが、次にどのようなストーブが買取・リユースの対象となるかです。
ストーブも基本的には家電製品となりますので、またまた「製造年数」がカギになってきます。

今回のFFストーブは2016年製ですので、3年前の商品になりますね。この年式でしたら買取可能です。
目安としては他の家電と同様で3~5年以内ぐらいのストーブが買取・リユース可能でしょう。

 

ですが、FFストーブや煙突式ストーブなど灯油を使用するストーブの場合査定の際に1つ重要事項があります。それが「定期清掃」を行っているかどうか。簡単にいうとメンテナンスをしているかどうかです。内部にたまったホコリや燃焼カス、芯(灯油を吸う道具)の交換等、燃焼機器ですのでメンテナンスは欠かせません。毎年される方もいるようですが、2~3年に1回程度はした方が良いでしょう。そして、この清掃には1万円前後(パーツ交換等あれば別途)が最低でもかかってきます。

 

つまり使用から2~3年経過しメンテナンスを一度も行っていない場合、マイナス査定となってしまいます。
当然販売する側もメンテナンスをして販売する事を考えると単純に1万円前後の費用がかかってしまう可能性があるからです。

 

これらをクリアしたストーブであれば、買取・リユースが可能になるでしょう。
メーカーも様々ありますが、買取が出来ないメーカー等はありません。


ざっと今回は「ストーブ」に関してのお話でしたが、参考になりましたでしょうか??
寒い北海道にストーブはつきものです。その種類は豊富ですが、「買ったばかり」「まだ1シーズンしか使用してない…」など、リユース出来るのではないか?と思うストーブがありましたら、是非一度ご相談くださいませ。

 

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積りは無料です。
遺品整理、生前整理など清掃や消臭を伴う家財整理全般に関わることでお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡ください。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

PAGE TOP