B L O G

札幌市西区にて「遺品整理での冷蔵庫買取・リユース」 

みなさんこんにちは!
リライブル遺品整理の岸野です。

 

朝方は非常に気温が高く(と言っても+2度程度ですが)快適な一日かと思いきや、昼頃から強風による猛吹雪で寒すぎる一日でした…

そんな今日は札幌市西区にて、遺品整理作業行ってきました!
現場にて比較的年式の新しい「大型冷蔵庫」がありましたので、買取・リユースさせて頂く事となりましたので、冷蔵庫のリユースに関してお話させて頂きます!

 


~もくじ~

 

・買取可能な「冷蔵庫」とは
・メーカーや内容量による冷蔵庫の買取価格の差とは
・冷蔵庫選びの注意点

 


~買取可能な「冷蔵庫」とは~

 

冷蔵庫も「家電製品」になりますので、またまた製造年数が重要になってきます。
リサイクルショップ等に買取をしてもらう場合でも、必ず年数を聞かれる家電の1つです。
リサイクルショップも店舗によって違いはありますが、基本5年以内が買取対象となります。
現在2019年ですので、2014年~がまずは買取の目安となります。

 

続いては冷蔵庫の「状態」です。食品を入れておく家電ですので、やはり衛生面は注意したいところです。
内部に食品カスや汁などがこぼれたままだと、カビの発生や変色の原因となり、悪臭の元にもなります。外見がいくら綺麗な冷蔵庫でも内部汚れがひどかったり、悪臭がしていては買取対象から外れてしまう事でしょう。

 

製造年数、状態をクリアすればまず買取が出来ない、という事は避けられるかと思います。
ですが、メーカーや容量によって買取価格に差がつく事はあります。

 


~メーカーや内容量による冷蔵庫の買取価格の差とは~

 

まず冷蔵庫の主要メーカーですが、パナソニック、東芝、日立、三菱、シャープの5つが良く目にするのではないでしょうか?
次にアクアやLG,アビテラックスなども近年目立ってきています。

そしてメーカーによる買取価格の差ですが、やはり主要の5メーカーの品物はその他製品に比べると同じ製造年数、容量でも多少差がついてきます。
購入時の価格は主要5メーカーが他社より高めに設定されていますので、その分買取価格も上がるという事を考えると、他メーカーは購入時安価で買取価格も低めなだけなので、損得の話ではあまり差はないかもしれません…

 

続いて容量による買取価格の差ですが、こちらはかなり買取価格に関わってきます。
というのも、冷蔵庫にも人気、不人気な容量があるのです。
単身で使用するには100~150L前後、ファミリーで使用するには400~600Lクラスが必要とされます。

つまり、その中間サイズの冷蔵庫はあまり選ばれにくい傾向にあります。
単身でも料理が得意で作り置きや冷凍等、容量をフルに使う!という方は一人でも200~300Lクラスがベストになってくるかと思いますが、あまり料理はせず入れるとしても飲み物、調味料ぐらい…という方に200~300Lもの容量は不要でしょう。
いまでは、80L前後の小型サイズもありますので、この冷蔵庫が実はかなり人気だったりします。
ホテルについているような小型の物ですね。それこそ飲み物や調味料だけという方や、ファミリーのセカンド冷蔵庫、部屋毎に冷蔵庫を…という方などなど。非常に需要があったりします。
400~600Lクラスの冷蔵庫を家に2台も3台も…という方はそうそういないと思いますが、400~600Lクラス1台に150Lクラスを1台、もしくは複数台という方は結構いらっしゃったりします。

 

結果、同じ製造年数の冷蔵庫でも、150Lより100L以下の冷蔵庫の方が買取が高かったり200~300Lサイズの冷蔵庫よりも150L前後の方が買取価格が高かったりと、購入時価格と逆転現象が起きる事もしばしば出てきます。
店舗によって売れ筋の容量が違ったりするので、全てという訳ではありませんのでご注意ください。

ですが、小型冷蔵庫には下記のような苦労も…

 


~冷蔵庫選びの注意点~

 

                                                                      ※画像:直冷式 冷蔵庫

上記にて小型の冷蔵庫に非常に需要があるとお伝えしましたが、実は欠点もあります。
100Lを切るサイズの正方形型の冷蔵庫がメインにはなりますが、「直冷式」と言われる冷やし方をしている冷蔵庫があります。

冷凍庫部分が別室になっておらず、冷蔵庫内部の上部に小さいスペースなどで仕切られている冷蔵庫は全て「直冷式」です。
まさしくホテルの冷蔵庫なんですけどね…

※画像:直冷式冷蔵庫の霜の様子

この直冷式タイプですが、実は冷凍室部分に「霜」がつくんです。
なんだよ霜ぐらい…と思われるかもしれませんが、この霜が非常にやっかいです。
数か月も放っておくと、冷凍室に物が入れれなくなるほど霜が巨大化する事でしょう。

 

改善するには、コンセントを一度抜いて常温に戻さなくてはいけません。
当然内部は水びたし、下手すると冷蔵庫からつたって床までも…という事を経験した事ある方は必ずいらっしゃるでしょう。

 

120~150Lサイズのクラス以上は全て「間冷式」と言われる霜がつかないタイプになっていますので、ご安心下さい。
直冷式にはかなり安価なタイプが多いので魅力的ではありますが、小型の冷蔵庫購入を検討されている方は要注意です!


 

今回は冷蔵庫に関して色々とお話させて頂きました。
リライブル遺品整理では「直冷式」「間冷式」容量も小型から大型まで様々な冷蔵庫を買取・リユースしておりますので、お悩みの方は是非一度ご相談くださいませ。

 

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積りは無料です。

遺品整理、生前整理など清掃や消臭を伴う家財整理全般に関わることでお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡ください。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

カテゴリー

PAGE TOP