B L O G

猫のマーキング臭と奮闘!~多頭飼育現場の消臭

北海道 遺品整理専門店 リライブル株式会社の久保田です。

家財整理・特殊清掃業界トップの消臭技術を目指す!

最近は”消臭”に関する知識を溜め込む為にインターネット内を彷徨うことが多いのですが、1歩ずつ・・・いや半歩ずつ?ではありますが理解できることが増えてきた気がします(←自信が無いので曖昧です)。

今までは”点”で理解していたもの事柄同士が繋がることが出てきて”線”になるような感覚といいますか、他社さんのHPやブログを見ていても前までは全く理解できずに「???」としかなっていなかったものが「もしかして・・・!!」となることが出てきた感じです。
それでも9割以上は「???」と頭から煙を出している状況なのでまだまだ未熟ですが、周りには弊社社長や部長を含め、私の数倍、数十倍以上の経験を持つ方も沢山いるので教えて頂きながら精進していきたいと思います。

”消臭”についてはまだまだ未開拓の分野であり、専門家の人達もあまり情報を公開していない影響なのか、直接”消臭”について調べても答えが見つかりにくいので関係ありそうなキーワードから遠回りをしながら勉強中です。

現在では、インターネットを駆使すれば大概のことについては情報が手に入るので調べる度に「本当に便利だな~」と感動します。

この時代に生まれることが出来て本当に良かったです。

遺品整理士の猫部屋消臭

先月のことになりますが、”猫部屋の消臭”ということで木枠等に染みついた猫の糞尿臭を消臭する機会がありました。
現場写真については掲載出来ないのですが、部屋の中はスケルトン状態にしても強めの尿臭が残っている状態で、壁際の木枠を見てみると床付近や窓の下部分を中心に猫の尿で汚染されている状況でした。

部屋の中にあるコンセント部分にも尿がかけられていた形跡があり、金属部分が茶色い錆で穴が開くほど腐食しているものや、緑青(ろくしょう)で覆われているものもありました。

緑青・・・あまり馴染みのない言葉ですが、緑青というのはたまに水道の蛇口等にも見られる青い水垢や錆のように見えるものです。

↓ イメージ写真

銅製品から発生する錆のことで、蛇口に発生するものは銅製の配管が原因になっているそうです。

昔は人体に対して有毒だと考えられていて教科書や辞書でも猛毒と書かれていたそうですが、現在では人体に対してほとんど無害だと言われています。

錆ということで金属を著しく腐食させてしまいそうな印象ですが、緑青の場合は腐食を防ぐ効果もあるそうで錆は錆でも悪いものではないそうです。

消臭作業は嗅覚が命!

話を戻しますが、消臭は「どこが臭気を発しているか?」汚染箇所を特定することが大切です。
猫の糞尿臭やペット臭、死臭、灯油臭、タバコ臭・・・それぞれ使用する薬剤や施工方法は違えど、共通して言えるのは汚染箇所を見つけられなければ消臭は難しくなります。

普段、ゴミ屋敷やゴミ部屋といった大量の埃が舞う空間で業務を行うことが多く、私は特に鼻が敏感(弱い?)なので油断するとすぐに鼻水で鼻が無効化されてしまいます。

消臭を行う際に鼻が詰まっているというのは致命的すぎるのでマスクによる自己防衛は欠かせません。

消臭を行う私達は、臭いに過敏過ぎる?くらいが丁度いいのかもしれません。

今回消臭を行った猫部屋についても、初期の状態だと部屋全体が強い臭気で充満していて汚染箇所を特定しにくかったので、怪しい箇所(木部の変色部分や部屋の隅など)を消臭施工しながら少しずつ汚染が疑われる箇所を狭めていき、汚染箇所を特定していきました。

猫のマーキング臭については以前の私だと太刀打ちできない臭気の1つでしたが、今回は事前に調べていた「試してみたい施工」の効果を実感することができ、数日後の再確認では汚染箇所(施工箇所)に鼻を近づけても猫の尿独特の刺激臭を感じないレベルまで落とすことが出来ました。

もっと作業件数を増やして、この施工が確立されたらブログで公表しようかと思います。

工事の都合上、私達の消臭施工後に交換する汚染箇所や建具も室内に残っていたので私達の作業が終わった段階で「完全な無臭!」・・・とまではいきませんでしたが、言われて神経を集中させないと気付かないレベルまで臭いが落ち、内装リフォームをすれば完全に元の臭いはわからないであろうレベルまで落としております。

ご依頼者様も驚くほどの消臭効果を実感していたようで、私にとっても手ごたえを感じる現場となりました。

私は北見市で家財整理があったので、引き渡しの立ち合い確認には立ち会っていないのですが、「同じような現場があればまたお願いします」という有難いお言葉を頂くことが出来たとのことで良かったです。

芸術の秋~道展に行ってきました!

芸術の秋!ということで、先日は頂いた休日を利用して第93回道展に行ってきました。

調べてみると90年以上の歴史があるということで大正時代から行われているそうです。

今までこのような美術展会場に行く機会が少なく、学生の頃は全くと言っていいほど関心が無かったのですが、実際に行ってみると楽しいもので色々な作品を見ながら楽しむことが出来ました。

美術に関する知識は皆無の私でも刺激を感じる作品が沢山あり、普段触れることのない芸術に触れることで良い気分転換になったので機会があれば来年もぜひ行ってみたいと思います。

札幌市近郊(江別市、岩見沢市、石狩市、小樽市、北広島市、恵庭市、千歳市など道央圏)はお見積り無料です。
遺品整理、生前整理など家財整理全般に関わることでお悩みの方は気兼ねなく下記までご連絡ください。

社名に掲げる信頼される(Reliable)企業を目指す!
リライブル株式会社
0120-669-920

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

PAGE TOP